プリンター

企業間取引

印刷を確認する女性

オフィスワークを行っている会社の中には複合機を使っていない会社もあります。しかし企業間取引では契約書は必ず書面でというところも多くあります。企業間取引でそうした会社との取引を機械損失しないためにも法人向け複合機を一台はもっておきましょう。

詳細を確認する

場所をとる

ボタンを押す男性

法人向けの複合機と聞くと大型のものをイメージする事が多く、場所をとってしまうために家庭用のものを使っている会社も多くあります。最近は法人向けの複合機も小型で高機能なものが増えているので場所をとる心配はありません。

詳細を確認する

カラーとモノクロ

スタート

法人向けの複合機にはカラー印刷に対応しているものと、モノクロ印刷のみのものと二種類あります。それぞれ購入価格が違ってくるので、利用目的に合わせて購入する複合機を選び、購入コストを抑えるようにしましょう。

詳細を確認する

印刷速度

印刷物

複合機を利用する状況というのは、企業との取引のみでなく社内での書類を社員全員に配布する場合にも利用します。その際に大切になってくるのが印刷スピードです。ここでは印刷スピードが早い法人向け複合機の選び方を紹介します。

詳細を確認する

会社での利用

印刷中

複合機には家庭用に作られているものと法人向けに会社で利用するのに適している機能をもっているものの二種類があります。
会社で今でも家庭用の複合機を使用しているところは法人向けの複合機に買い換えるようにしましょう。
その方がコストを抑えて便利な機能を使うことも出来ます。

複合機に必ず備わっている機能としてプリンター機能があります。
プリンター機能は印刷したい書類やポスターといったものをスキャンして同じように印刷することが出来る機能です。
法人向けに開発された複合機であれば印刷物を家庭用のものよりも綺麗に印刷することが出来ます。

特に法人向けの複合機を利用するべきなのはDTPの事業を行っている会社です。
DTPとはデスクトップパブリッシングの意味で、印刷会社関連の会社のことを指しています。
印刷系に関連した会社ではデザインの受注を行っているところがほとんどでしょう。
取引先に汚い印刷物を資料として営業をかけたとしたら受注を刷ることも困難です。
こうした理由からDTP関連の会社は必ず法人向けの複合機を利用するようにしましょう。